キャリア

サラリーマンの生き残り方 リストラが嬉しい人、困る人の違いを解説

2019年10月11日

サラリーマンの生き残り方 リストラが嬉しい人、困る人の違いを解説

f:id:hirokionlinex:20191011075822j:image

セブン&アイも麒麟も損保ジャパンも日産も日立も富士通も続々とリストラを始めていますね。

もう待ったなしでやる気ない使えないおじさんをどんどん減らしていかないと、
優秀な若い人や女性や外国人を採ることは出来ないので、もうこの流れは加速こそすれど止められません

この流れが嬉しいのはもちろん未来ある給料の安い、頑張って成果出している人たちです。

一方、特にスキルもつけずダラダラとしがみついて年齢とともに給料だけあがって、いばり散らしている昭和おじさんはもうほぼ終わりです。

でもやっぱりそこでゲームオーバーはキツイですよね。

もう手遅れにして言い訳がないですよね。

私は20代と30代で転職して、3つの会社でいろんな昭和おじさんに出会いましたが、
やはり一部のベテランの方は、すごい人は歳を重ねてもずっとすごいです。

こんな人は絶対にリストラされないし、どこでもいつでも転職できるなって人がいます。

この記事を読んでいただけば、今日から何をすればゲームオーバーにならなくてよいか分かるはずです。

リストラが嬉しい人はどんな人か?

多くの企業の早期退職募集が45歳以上とかなのは、そのレイヤーの人たちの人数が多くて、
給料が高くて、その割には利益を上げていないからです。

裏を返すと、それ以外の「人数が少なくて、給料が低い人たち」が、
その人たちの分まで利益を稼いでくれているわけです。

ダメ課長のために、スーパー平社員が稼いで、ダメ課長が大金を手にする
というのはどう考えてもおかしいですよね。

しかもスーパー平社員はダメ課長に偉そうにされないといけないのですよ。地獄ですね。

これに会社が気がついて、課長をリストラすればスーパー平社員は嬉しいですね。

給料が上がるのかどうかは分かりませんが、それに向かっている勢いを感じることは出来ます。

ゲームオーバー寸前おじさんはまずこの「リストラが嬉しい人」の思考を理解する必要があります。

もしも、周りに自分より若くて、立場も低いけど、確実に自分より稼いでいる人がいたら、
絶対にその人に偉そうな態度をとってはいけません。

間も無く上司になる人だからです。

リストラされて困る人は正確に自分のポジションを知ろう

リストラされて困る人は、つまり給料に対して利益を出していない人です。

薄々、自分のことかなと感じる人もいるはずです。

そんな人はまず、年齢とか役職とか全てないものとして、スーパー社員に勉強させてもらうことです。

見渡して「アイツできるなぁ」という人は、才能とかセンスだけではなくて、考えた戦略と実行力があります。

これはもう間違いなく確実にスーパー社員は実力とともに、その理由があるので、
それを頭を下げて、教えをこうことをしなければいけません。

これはどんな人でも全員が出来ないとダメなことなのです。

今の自分のいる職場で、自分のパフォーマンスはどれくらいなのか、
役職に適しているのかと考えた際に、圧倒的に負けている誰かがいたら、
その人に頼み込んででも、怒られても、バカにされても、何としてでも成果を出すために必要なことを聞くのです。

そうしてまずはポジションを叩くして、自分より上位いる人がいたら、大先生として入門するのが最初にやることです。

リストラされないためには組織に貢献するしかない

リストラ予備軍でブルブル震えている昭和おじさんがやらなければいけないことは、英語の勉強とか、パソコンの勉強とかだけではありません。

基礎的なコミュニケーションスキルとしては語学もITスキルもあるほうがいいですが、それがないからリストラになるかというとそこだけではないです。

イメージしてほしいのですが、スーパー平社員に毎日毎日ちょっとの隙間時間でも質問しては、分からないことを一つ一つ解決している人と、全然デキない人なのに、黙々と英語やパソコンの勉強をしている人のどちらとこれから働いていきたいですか?

組織に貢献するというのは具体的に利益率の高い商品を売るというようなこともありますが、その組織の人材を育成したり、生産性を上げたりするということもありますよね。

つまり例え最初はよく分からなくても、スーパー平社員から必死で学ぶ昭和おじさんというロールモデルになることが、自分の学びを深めるともに、組織に良い影響を生む可能性が高いのです。

リストラが嬉しい人、困る人のまとめブログ

いつでもどこにでも転職できるスキルなんて、ユルユルで生きてきた昭和おじさんがいきなり身につけられる訳がありません。

そんな消耗戦に手ぶらで挑んでも勝てる訳がありません。

ただ唯一なんとかなる可能性があるのが、リストラされないように1からコツコツと学び直すというとってもシンプルな誰でも明日からできることです。

そしてこれまで自力でそれができてこなかった人にも出来る起死回生の逆転満塁ホームランの奇策があります。

それが、「徹底的に後輩に頭を下げて教えてもらう」というものです。

マウンティングおじさんのダサいところは、ダメダメなくせに威張っているところです。

裏を返すと、若い人に頭を下げて学べるおじさんほど、カッチョ良い人はいないのです。

大事なところは、床におでこつけて血出るくらいまで頭下げることです。

少しでも偉そうな態度をしたら終わりです。

70代の先輩から教わるときと最初から最後まで同じ態度で20代の後輩に頭をさげるのです。

そうして本気で学ぼうとする姿勢があったら、若い人も忙しくても教えてくれます。

プライドを完全に捨てられた人から生き延びることが出来る時代ですね。

自力で学べたからなかった人の最後の切り札です。

もう時間はありません。

明日から始めましょう!



アドセンス1

-キャリア

Copyright© ヒロキブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.