仕事

若手社員 電話に出ない|若手社員の電話でない問題の解決法

2019年2月13日

若者の電話出ない問題 電話大好きオジサンはボーナスステージ

f:id:hirokionlinex:20190212060213j:image

最近の若い世代の人は電話に出ないといわれます。

コミュニケーションの大半を文字を使った方法でやれるので、チャットツールやメールの方がやりやすいからだそうです。

オジサンたちはプンプンしてるみたいですが、私は15年前に社会人になってから、出来るだけメールでやって来たので、少しだけ電話したくない気持ちが分かります。

電話が好きな人って、自分のやりたいことを相手にさせることが目的の人が多いのです。

電話大好きオジサンがどうやって生まれたのか

電話至上主義オジサンは、お仕事を始めた時代がとにかく電話、電話、電話という時代です。

電話かけまくったらその数に比例して仕事がとれて、給料があがるみたいな不思議な世の中で生きていました。

ですからとにかく電話することが仕事みたいな脳の人がいます。たしかにファックスよりも、電話がコミュニケーション効率良かったのです。

それからメールが出て来ますが、すぐに携帯電話が登場して、電話大好きオジサンは引き続きメールよりも電話という文化を広めます。

その後、電話機能付きパソコンであるスマホが出てきて10年経ちますが、スマートフォンっていうくらいなので、賢い電話なのです。

あくまでもスマホは電話で、最強コミュニケーションは電話という状態からアップデートされないのです。

昭和オジサンにとって、電話をかける(かけるってなんや)ことこそが、仕事することとイコールなのです。

電話嫌い若者はどうして生まれたか?

電話嫌い若者ですが、そんな言葉あんのか? という感じですよね。リズム感も何もないコトバです。

これはほぼ確実にLINEの普及と一緒に説明がつきます。

私が初めて携帯電話を手にした頃、すでにEメール機能はついていました。

ですがガラケーのデザインは電話ベースなので、あの1234567890という番号ボタンをカチカチやってテキストを打ち込むのはなかなかの苦行でした。

それがスマホでフリックが可能になり、操作性が良くなったことと、電話でやり取りするよりもキャッチボールのリズム感のいいLINEでのコミュニケーションが日常になりました。

LINEで画面が埋まるほどの一方的な長文を送る人は気持ち悪いです。相手のことを考えられていません。

それを送る側も意識できるのがLINEです。

電話だと一方的にいいたいことを電話した側が話し続けるということがあります。

こんなに効率悪いことはないので、電話に出たくなくなるのです。

もちもん若い子でも超絶に好きな美女やイケメンから電話があったらソッコー出るはずです。

話したい相手かどうかということです。

電話に出て欲しいオジサンはどうすればいいか

「電話に出ないとかありえない、金もらって働いてんだろ! 」っていうオジサン。

あなたは「金もらって働いてんだから、時代に合わせたコミュニケーションスキル身につけろ!」って言われたらどう感じますか?

たぶんめちゃくちゃ怒り出しますね。昭和オジサンは後輩に怒ってもいいという考え方なので。

これでは一生分かり合えないです。

電話好きな人、LINE好きな人、メール好きな人、手紙好きな人、面談好きな人、いろいろいていいんです。

大事なことはもっとも早く気持ちよく物事を前に進める方法は何かを選べることです。

電話でろでろオジサンからしても、オジサンとは電話でやりとりし、若手同士ならSlackでやりとりし、おばあちゃんには手紙を書き、お客さんにはすぐ会いに行く、そんな新人がかっこよく見えるはずです。

たまにそういう立ち回りの器用な子がいます。

その逆が空いている枠なのでチャンスです。

昨日まで電話でない後輩にプリプリしてたオジサンがSlackもLINE worksもchatworksもTeamsもサクサク使いこなして、さらに上司にはマメに電話して、お客様にはメールして、奥さんには手紙を書いてたらもう神と崇めますよね。

これまでの蓄積があるので、電話する能力の方が身につけるの難しいので、チャットアプリ使うくらい余裕ですよ。

パソコン世代のオジサンにはスマホアプリなんて楽勝

「チャットツールとか良くわかんないんだよなぁ」

「間違って使うとかっこ悪いしなぁ」

なんて勘違い炸裂させているそこの50代! どうしてそんなに勿体無いことしちゃうんですか!?

Windows95世代は最強にパソコンに強いです。なぜならば当時のOSやソフトウェアは今よりも断然弱々でかなりの部分を人力でまかなっていました。

そのとき真面目に覚えた人たちなら、今のスマホアプリがどれだけイージーかは触ればわかります。

現代のスマホアプリは基本的に説明書なしで、直感で使えるレベルまで丁寧に設計されているのです。

スマホ世代がエクセル97覚えるのは地獄だと思いますが、あの当時にピボットテーブル使いこなせていた人ならSlackなんて余裕も余裕です。

電話できる若者より、チャットできるオジサンのほうがモテる

若者が電話してても褒められないですよね。でもオジサンがSlackやりまくってたらちょっとカッコいいですよね。

おじいちゃんがTikTokやってたらイケてる感じしますよね。そういうことです。

プライドが先行して、自分のやり方に合わせろ! というのが反発を招くのです。

そんな人たちを置き去りにして、ガンガン先端のスキルを身につけていく人の方が魅力的に決まっているし、楽しい話をしてくれる期待が持てるのです。

逆説的ですが、Slackやりまくるオジサンには若者からバンバン電話かかってくるのです。

まとめ

若者の電話でない問題に困っているオジサンたちは今、最強のビッグウェーブに乗るチャンスです!

ぜひここでチャットツールを学んで、ガシガシ若者とコミュニケーション取ってください。

電話に出ないならちゃんとチャットで即答しろよとマウント取りに行ってください。

相手の時間を奪うなとか堀江さんや箕輪さんの言ってること丸まま言ってくる若者は覚悟しておかないといけません。

堀江さんや箕輪さんは電話に出る時間でその何倍ものアウトプットを出しているのです。

電話に出ないだけの成果を出しているんでしょうね? そうでなければオジサンがSlackで攻めてきたら終わりですよ。

さぁ、電話大好きオジサンたちよ、今こそWindows95世代のITスキルの高さで若者を追い詰めてしまいましょう。

きっと素晴らしく生産性の高いステキな仕事ができるに違いありません!

アドセンス1

-仕事

Copyright© ヒロキブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.