家族

マス計算引き算初日で自信をなくす子にかけるべきコトバとは。

2018年4月11日

マス計算引き算初日で自信をなくす子にかけるべきコトバとは。

百ます計算の足し算で、1分前後まで記録を伸ばしていた娘に、新学年を機に引き算にチャレンジするように促しました。

春休みにいくら進めても得意な足し算しかしなかったので、荒療治ですが足し算プリントは没収して、強制的に引き算生活のスタートです。

案の定、10分とか掛かってしまい、半べそイライラマックスです。朝からややこしい状況です。足し算の最初の頃でも7分とかくらいだったのにと。自分は引き算に向いてないと。

引き算に向いてないってどんな人種やねん! っといいそうになりますが、ここは落ち着いてガイドしていくポイントです。アジテーションというやつです。

「大丈夫だよ、あなたには力がある。必ず出来るようになる。まずは5月までやってみよう。5分にはなるよ。6月には3分になるよ。間違いないからやってみよう。」

こどもはよく分かっていないので、そんなことがあるの? というリアクションです。でも1ヶ月も2ヶ月も単純な計算を毎日やれば誰でも出来るのです。

それを、あなただから出来たんだよという風に褒めて伸ばすための演出が大事なのです。あー、めんどくさという方もいらっしゃるでしょうが、自分はこのびっくり体験の仕掛けが大好きです。

本当ならば学年の始まりは一気にその年の予習をやりきりたいことろですが、焦らず落ち着いて、まずは引き算を確実に仕上げていきます。

夏頃に一気に巻き返して、さらに自信をつけてあげたいものです。

オトンは今日もなりふり構わず、必死で頑張ります!

<スポンサーサイト>

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

結果を出せるヨガ【ボディメイクホットヨガLIPTY】

人生を変える1ヶ月【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

アドセンス1

-家族

Copyright© ヒロキブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.