仕事

フライト 長時間 | 飛行機を楽しむ方法

2018年3月14日

海外出張の長いフライト 飛行機の旅はこうすれば楽しめる!

f:id:hirokionlinex:20190906092014j:image

国際線の飛行機というのはその長いフライトが大変ですよね。

疲れてしまいますし、退屈でなかなか時間も潰せません。

映画やビデオは充実してきてはいますが、とはいえフライトの間ずっと映画を見続けるというのもまたそれはそれで疲れるものです。

そんなときどうすれば良いかというお悩みに答えていきます。

長いフライトの楽しみ方 行き先に合わせた読書をする

例えば訪問先が、ハンガリーのブダペストだとします。

そんなときはハンガリーの旅行ガイドではなく、ハンガリーが舞台となった小説やエッセイのような読み物で、ブダペストに関するものを機内で読んでみると良いでしょう。

そういう物語の中にはガイドブックにない意外な現地の文化や実際にその街を体験した人の感じたのだこと、味わったことが、とても深く書かれています。

単なる旅行であれば、気ままにのんびりとその街の空気を楽しめば良いですが、出張で訪れたなら、必ずその現地の人とのビジネスがあります。

その人たちとのコミュニケーションにおいて、いかにその国について、その街について知っているか、興味があるかということは大変重要です。

海外出張先ともなると、そんなに頻繁に直接会って話す機会ないはずなので、そんな貴重なときこそ距離を近づけ、関係性をより良くしておきたいものです。

自分が逆の立場であれば、日本に来た外国人が村上春樹や夏目漱石を機内で読んで来て、日本の文化について会食で話題にしてくれたら嬉しいはずです。

なかなか忙しいビジネスマンがまとまってゆつくり読書をする時間などないでしょうから、出張の際の飛行機の中では読書をするのはおススメです。

どんな本を選ぶか迷う人は必ずその滞在先か、何かしら関連する内容のものを選んでください。

長いフライトでは特別食を注文してみる

飛行機で出される食事は「チキン or ビーフ」と決まっていると思い込んでいませんか?

実は機内食はあらかじめ予約しておけば、かなり沢山のメニューの中から選ぶことが出来るのです。

しかも、特別食を頼んでおくと全体の食事サービスよりも先に、一番に配ってもらえるので、長々と順番を待つ必要はありません。

ベジタリアン食、シーフード食、フルーツ食など、何種類もの中から、選択することが可能です。

ベビー食や子供食が選べるのと同じで、宗教やアレルギーにあわせて、単なる好き嫌いに合わせて、食事は選ぶことが出来るのです。

エアラインによってはグルテンフリーとか糖尿病対策とかなかなかきめ細かいラインナップを揃えているところもあり、グローバル化の波でこういった選択肢は大手エアラインでは拡大傾向ですね。

毎回、別の種類を頼むと、話のネタにもなります。

海外出張で訪問した相手とは必ずといっていいほどどういうルートで来たのかというエアライン談義になります。

これは相手も海外によく行くことが多い場合や、日本という国にはどうやっていくのかという興味からです。

どんな経路でどれくらいの時間をかけてというオーソドックスなお話のスパイスとして、今回の旅で選んだ機内食の話題を入れ込んでみると、旅慣れた感じを醸し出すことが出来てまた一回りディスカッションの幅も広がるのではないでしょうか?

そもそも機内でできることなんて限られていますので、その中でどんな食事がでるのか、ワクワクしながら空の旅を楽しめるというのは最高です。

他の人とはひと味違った空の旅を楽しんでみてください!

長いフライトでは機内販売の雑誌を見てみましょう!

飛行機の中の販売物なんて、ロクなもんないわ! と、ハナから眼中にない方もいらっしゃるでしょう。

たしかにざっと目を通す限りややおじさん向けのブランド品が多く、ましてや女性ものなんて何のことか分かりませんということは多いです。

そもそも機内で買い物して荷物増えるとかあり得ないという人もたくさんいます。それはそれで正しい価値観で間違いありません。

ですが、実は機内販売の中にはそこでしか手に入らないものや、免税店と比べても、グッと安いものがあったりすることも知っておいて欲しいです。

数量限定のことも多いので、予約しておくか、早めに見ておくことが得策です。

例えばエアラインとブランドのコラボ品です。

過去にANAとファミリアのコラボ商品がありました。

幼稚園の子供向けの手提げカバンなどですが、飛行機に乗る機会のないお母さんたちからお父さんの出張のときには、必ず買ってくるように頼まれる「家族にウケるレア商品」です。

この視点で毎回のフライトで機内販売をチェックすると、長い期間お家を開けていても、帰ってくるときにご家族の反応が違ってくるかもしれません。

ほかには、森伊蔵、十四代といった手に入りにくいか、入ってもなかなかにお値段の高いお酒も、機内販売に限ってはお得に買えることがあります。

お酒を飲まない方でも、親戚のお土産などには確実に喜ばれます。

機内販売を全く無視よりも、少し興味を持つだけで、見えるものがあるかもしれません。

長いフライトですから、チラッとこうしたものにも目を向けると、新しい発見があるものです。

海外出張の長いフライトの楽しみ方まとめブログ

海外出張の飛行機は出来るだけ短いフライトであればありがたいです。

でもそれは物理的になんとかなるものではないので、そこにイライラするより、それを楽しむ工夫できる力が試されているようにも思います。

どうしても無理なら有料でWi-Fiにつないでしまえば私のように永久に時間を使える人もいるでしょう。

でもたまにはオフラインの良さも楽しんでみたいものです。

ぜひステキなフライトを!

アドセンス1

-仕事

Copyright© ヒロキブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.